おかえり、NAOKO!!~けんかをやめて奈保子を語ろう。

【2017年】第2回
DVD「河合奈保子プレミアムコレクション」編1
公開収録だよ、レッツゴーヤング!! の巻

--ここは渋谷のとある場所。ここに三人の男があつまり、何やら話している。
 そう、今年の夏の河合奈保子さんの話題。

 河合奈保子デビュー以来のファン。奈保子さんの写真をみれば、
  たちどころに「平凡」「明星」に載った記事を言い当てるファンの中のファン。
 この夏発売の河合奈保子さんのDVD制作関係者。
  当時の音楽事情にも詳しく、奈保子さんのフリを少し見るだけで曲名を当てる、
  これまたエキスパート。
 雑誌「平凡」関係者。日々、奈保子さんのフィルムと格闘しながら、
  より素晴らしい1枚を届けるべく努力する日々。マガジンハウス勤務

NHKの歌番組に出演する奈保子さんがいっぱい。
これは得したと思えるDVD発売です!!

通音平 こんにちは。フライデーズでーす!!

 いや、そんなのないから(笑)

 いや、でも、サンデーズってあったですよね、サンデーズ!!(やんややんや)

 今日はDVDのお話ですよね。この日本コロムビアさんから8月30日に発売される「河合奈保子プレミアムコレクション〜NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤング」、見て本当に懐かしいなあ、と思いました。

 ありがとうございます。NHKさんのおかげでようやく発売にこぎつけることができました。

 最近は80年代アイドルのテレビ映像のDVDいろいろ出てきましたよね。(中森)明菜ちゃんとか(菊池)桃子ちゃんとか。

 そうですね。昨年は奈保子さんのライブ映像でDVDを発売して好評を博しましたが、ことしはNHKさんの歌番組の映像97曲を3枚のDVDに収めました。奈保子さんのテレビ映像のDVDの発売は今回が初めて。みなさんのおめがねに叶うでしょうか。
DVD商品  ファンとしてはこれほど嬉しいことはないですよ。私は当時から番組を録画していて、そのテープを編集して、「エスカレーション」2時間もの、とか自分で作って見ているんですけど、、、、

平音 す、すごすぎ。

 今は動画サイトで過去の映像が見られたりすることもあるけど、やっぱり、きちんとした映像で見られる、ということがまず一番嬉しいですね。もしかしたら当時より綺麗になってたりしてませんかね???

 うわー。頭の中にオープニング曲の「ムーンライト・カーニバル」が流れてきたよー。綺麗だなー。

 それから良いところその2は、これ、曲が時系列で並んでいるんですね。ものすごくいい。昔の記憶が蘇ってくるみたいですもの。今まで、こういう振り返り映像、というと、88年のよみうりランドイーストの映像のモノローグシーンくらいしかなかったけれど、こうやって順を追って見ていくと、それだけで昔、ああ自分はなにしてたかなー、なんて思い出がどんどんどんどん、、、、、

 走馬灯のように流れたら、、、、、、死んじゃうじゃないですか!! 昔が思い出されるということですね。レッツゴーヤング!!

 、、、、この人のことはおいておきましょう。とにかく、ときの流れが感じられて、とてもいい気分になりました。

 ファンの方からも時系列で見たい、という声がよく聞かれるので今回、このような構成となりました。それぞれの曲はどうですか?
スマイルフォーミー  今日は収録されている内容のうち、レッツゴーヤングのことについて触れましょう。歌番組のいいところはアイドルの皆さんが一堂に会して、自分の持ち歌だけでなく、いろんな歌を歌ってくれたりするところですよね。「レッツゴーヤング」はご存知のとおり、毎週日曜日の18時から、NHKさんが、若者向けに制作していたアイドル中心の歌番組です。学校帰りに公開収録に行ったこと何回かあるんですよ。

平音 うらやましー!!

 僕は当時、関東近県の高校生でしたから、なかなか難しかったです。東京の人は学校帰りに行けたなんてずるいです。

 私の田舎は僻地ですので、そういうことがあることすら知りませんでした。「レッツゴーヤング」は遠きにありて想うものと思っておりました。

 、、、、、、、この人はおいておましょう。公開収録でしたから、毎週毎週、往復ハガキで応募して。でも、誰がゲストで出演する回かは選べないので、奈保子ちゃんの出演する回が当たった時は本当にうれしかったですね。
微風のメロディー

持ち歌メドレーは歌番組の華!!
歌番組で聞くとなぜかウキウキする理由は!?

 月曜日はNHKの「レッツゴーヤング」の公開収録、そして日本テレビ系の「ザ・トップテン」、そして、フジテレビの「夜のヒットスタジオ」と、生放送・収録のものが多かったから、みなさん忙しいかったようですね。レッツヤンとトップテンの掛け持ちとか。夜ヒットはリハーサルがものすごく入念だったそうです。通さん、今回のDVDのレッツヤンでオススメのものは?

 1985年4月7日の「ジェラス・トレイン」かな。その日の特集は「アイ アイ アイドル アイ ラブ ユー」という特集で番組の中盤に6人の方が持ち歌をメドレーしました。男性はマッチ(近藤真彦)とトシちゃん(田原俊彦)、そして、吉川晃司さん!! 女性は奈保子さん、(堀)ちえみちゃん、キョンキョン(小泉今日子)。もうこのメドレーがすごかったんです!!
ジェラス・トレイン  なにがそんなにすごいんですか。

 なにがすごいって、実は、、、、、「テンポ」が尋常じゃなく早いんです。

 テンポ!?

 そう。40分しかない歌番組の中で、何曲も詰め込まないといけないでしょ。どうすれば尺に収まるのか。

平音 テンポを速くする!!

 その疾走感がたまらないんですよ。トップのマッチの「ヨイショ!!」からもう全力疾走、その最高潮が「ジェラス・トレイン」でした。こんなにノリノリの「ジェラス・トレイン」もなかなかないですよ。レッツゴーヤングは、ほぼ編集なしの公開録画だったので、まさにライブ感覚。そういうのがよくわかる映像だと思います。同じ歌を歌っていてもいろいろ違う。歌っているとだんだんうまくなっていく、ということはアイドルにはよくあることだと思いますが、奈保子さんは最初からうまい。そして最初からうまくて、少しずつ歌い方を変えるんです。これが同じ曲なのかー、ってくらい。本当に聞いていていつも新しい魅力を再発見できます。「けんかをやめて」も7回入っていますが、どれも素敵です。
ラヴェンダーリップス  DVD買って猛勉強しないと!!

 それで、今回の目玉、NHK紅白歌合戦に出場したときの話は、、、、、、、

 それは次回!!  お楽しみに!!

通音平 それではみなさん、フライデーズならぬ通音平トリオがお送りしましたー。レッツゴーヤング!!

★バックナンバー<2016年>